RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
2010年Cubaの旅 ハバナでお誕生日

 今まで私の誕生日は帰りの飛行機中だったり、帰国してからでしたが、今年は
ハバナで迎えました。そしてセイラのファミリアがスペイン語版ハピバースデイの
歌「♪Cumpreaños〜♪ Feliz〜♪」を歌ってお祝いしてくれました。
! Gracias,   Qué linda canción !



バースデーケーキは 四角くて大きな 青や緑 でなくて(笑)”黄色のケーキ”
で、ローソクはどうなんだろう????と思っていたら。。 
マッチ棒を一本だけケーキに立てて、点火! それを吹き消しました。
黄色の生クリームはそんなに甘くなくて、スポンジも柔らか。見た目よりずっとおいしか
ったです。




さらに、お祝いにとかわいい木製3段ボックスをプレゼントしてくれました。
その後夕食は、ベダードで絵の仕事をしている友達のErと一緒にカサ近くのレスト
ランカサ・カスティージョへ。私の大好きな魚料理(魚にハムとチーズ
をはさんでから揚げにしたもの)を食べて満腹。今夜でいよいよキューバとお別れ
です。


翌朝ホセマルティ空港までは、お決まりのようにタクシードライバーが値段をふっか
けてきました。なので「いつも空港までは13cuc。タクシーメーターを動かしてほしい」
と言って車に乗り込みました。車の中は険悪なムードで会話もありません。
けれど不思議なことに、今までのどのドライバーも、空港に着くと笑顔で見送ってく
れるのです。私も少しおおめに料金を支払って アディオス!したまではよかったけ
れど・・・・

もうすっかり忘れていたトリニダで貼ってもらったVisaのシールがチェックインカウン
ターで問題になり別室へ(汗)

あーーーーーーここは絶対にちゃんと説明しなくては!! と必死でスペイン語でこと
の成り行きを説明しました。
なぜパスポートにVISAのシールが貼ってあるのか?のいきさつはこちらをクリック
何とか通じたようで、係官がPCで確認すると・・・・・・・
「あ〜りがと〜う」と日本語で答えたのにはビックリ!!

いや、ほんと、もう、今度こそ本当に出国です(笑)
そしてハバナ〜メキシコシティ〜バンクーバー東京〜大阪の行きと同じルートで無事
帰国しました。  おわり


 

author:viajedecuba, category:2010年Cubaの旅, 22:20
comments(0), trackbacks(0), - -
 2010年Cubaの旅  ハバナ テリーのサルサレッスン

 
朝食 *これにチーズとプレーンオムレツがつきます。

いよいよハバナに戻る日がやってきました。アナが朝5時半に朝食の用意
をしてくれています。もうこのおいしい朝食も食べられないんよね。たぶん
・・・来年まで?

ハバナ行きのビアスールバスは7時出発。なので確実に席が取れるよう
に6時にターミナルに到着。(カサ〜ターミナルまでtaxiで5cuc)ビアスー
ルバス(23cuc)
5時間半後、お昼過ぎには無事ハバナに到着。セイラのカサに戻って、
ファミリアに挨拶と旅の報告をすると、その後はベットに倒れこんで、靴
を脱いだだけでそのまま眠り込んでしまいました。 
こんな時は、一人旅の気楽さで爆睡できるのが嬉しい。
いつもハバナに来たら何箇所か必ず訪ねて行く場所があります。その
内のひとつが、サルサの先生テリーがいつもサルサレッスンをしている
オフィス。今年は訪ねたのが帰国直前になってしまったので、レッスンは
受けず、挨拶だけをしにいきました。
オフィスの2階の窓から、訪ねて来た私を見つけたテリーは、階段を駆
け下りて来たかと思うと、私を赤ちゃんみたいにそのまままっすぐに持
ち上げました。な、なにすんねん!!恥かしい・・・(汗笑)
 
 

 
  *隣で踊っているのは、モロッコから来たクバノ。彼も生徒です。

一年ぶりに会うテリーはちょっと痩せていて、以前よりはポッコリお腹も少し小さくな
った気がします。
生徒の私が言うのも何ですが、テリーはダンスが抜群に上手。でもフロアで外国人
をセンターで教えているのはいつも他のダンサー。彼は英語を殆ど話せないのと、
見た目の顔の怖さで随分損をしてるんじゃないか?と・・・・・・想像してるのですが。 
もっとニッコリすればいいのに〜・・・などと余計なことを考えながら、彼のレッスン
風景をビデオに撮りました。

そうこうしてる内に音楽を聴くとやっぱり踊りたくなって、レッスンが終わったのを見
計らってテリーに「生徒さんとどこかに踊りに行く事があったら、私も誘ってほしい」
と頼んでみました。すると今晩ホテル・フロリダ(ハバナビエハにある)に行くというの
で、10時にホテル前で待ち合わせ。
彼以外にもフロリダにやって来たのはドイツ人カップルとテリーの同僚のクバナ。
ホテル中という場所柄、ちらほらクバノスの姿も見えるけれど、殆どが外国人。
ここだけなんだかハバナと違う雰囲気。  紳士淑女のみなさん・・・みたいです(笑)



久しぶりにテリー先生と踊ると・・・・”どうした?上手くなってるよ”と先生からの
嬉しい言葉! 
えーーーうれしい!
嬉しくて飛び上がって、 もう少しで chu! しそうになりました(汗 おっと危ない)

それで 「他の町でたくさん踊ったから」と答え、
「テリーと踊るのに慣れたから」とは言えませんでした(笑)

author:viajedecuba, category:2010年Cubaの旅, 18:49
comments(0), trackbacks(0), - -
2010年Cubaの旅  サンティ・スピリッツの町ササ



 サンティ・スピリッツのカサパルティクラールのママ(Anaアナ)に誘われ、カミナンド
(遠出の散歩)へ。セントロとは反対方向へ進み古い教会のあるマセオ広場へ。そこか
らさらに散歩道を歩いて病院前へ到着。そしてアメ車の乗り合いタクシーに乗って
(30モネダペソ)山間の道を走り抜け鉄道の駅に着きました。

ここはアナが生まれた町ササ。両親はすでにアナの現在の住まい近くに移っています。
なのでここに来る機会がなくて、久しぶりに来れて嬉しそう。そしてアナには息子のエル
ネスト以外にももう一人、生後10ヶ月で亡くなってしまった女の子が居たと教えてくれま
した。その子のお墓がここにあるの。といつも元気なアナが少し悲しそうな顔で話します。

ここには来たいけれど来ると思い出して辛いんだろうなあ〜・・・。
私は何と答えればいいか解らず、黙って首をウンウンと振って聞いているだけでした。



この辺りの風景はサトウキビ、稲、ヤシの木、がはるか遠くまで続いています。
車が来ない舗装された道をアナと歩いていると、道路から少し離れた所に一軒だけ
農家が見えます。その家の庭先には珍しい白いブーゲンビリアが・・・咲いています。!
ピンクや赤はよく見かけるけれど、白は珍しい〜。

足を止めて家の方を見ている私達たちを見つけ、その家の女性が庭へ招き入れ、裏山の
川辺へも案内してくれました。ところで、偶然にも彼女はアナと何かの繋がりで知り合いだっ
たみたい。




2人が話し込んでいる間に私はもうひとつ嬉しい発見!
それは牛!
クバの牛は耳が長くて位置がかなり横にあります。それにここの子牛はとてもきれいな
茶色の毛で、大きなクリクリ目がかわいい〜。



帰り道はタクシーも自家用車も見かけません。山の方からちょうど大きなトラクターが
やって来たのでヒッチハイク。よかった!
すでに後ろの荷台には学校帰りらしい子供達がたくさん乗っています。20分ほどで鉄道前
に到着。みんな次々と荷台から降りていきます。が、荷台と道路との段差がかなりあり
私が少し怖くて躊躇していると・・・・な、なんと、同じ荷台に乗っていた小学生くらいの
かわいい男の子(11歳か12歳くらい)が私の手を優しく取って導いてくれました。



さすがークバノ!女性の扱いには慣れたもんです(笑)




革命広場まで戻ると、今度はアイスクリームを食べにコッペリアへ。クバノスは本当にアイスク
リームが大好き。 アナも5つをペロリと平らげて満足そうでした。

author:viajedecuba, category:2010年Cubaの旅, 22:37
comments(0), trackbacks(0), - -
2010年Cubaの旅  ハバナ 要塞フエルサ



ハバナにある世界遺産のひとつ「カスティジョ・デ・レアル・ラ・フエルサ」は、頑丈な要塞。
以前、世界遺産を紹介するテレビ番組で、お城の中を見たことがあるのですが、実際に
はまだ一度も見たことがありません。そんなときに、ビエハ(旧市街)をうろうろしていたら
丁度フエルサの門が開いている時間帯に遭遇。Que suerte!


橋を渡ってさっそく中へ(1cucらしいけど無料でした)。
いくつにも分かれた部屋には、海から引き上げられた金貨や銀貨がザックザック! 
しかも、数個の黒いボックスに山盛り入っています。
たぶん・・・本物はショーケースに入ってる見本のコインだけだとは思うのですが、何百
年も前の金銀硬貨が今も存在するんですよね。すごい!
ジョニーディップに見せてあげたいわ、ってもう知ってるだろうけど(笑)


別の部屋には・・・帆船の精密な模型や実物の一部が展示されていて、当時どのくらい
たくさんの船がこのカリブ海を行きかっていたかが容易に想像できます。
各部屋を見終わった後、外の庭に出ると真っ黒な大きな大砲が並んでいるのが見えます。
しかも大砲の本体にはきれいな模様が彫ってあって、年によって微妙にそのデザインが違
っています。 あーーこの美しいデザインを見せられないのが残念です〜〜。
この時、不覚にもカメラを持参していなかったので、写真が一枚もないのです。(涙)
Que  triste!
この思いは次回のハバナ訪問時に繋ぐことにします。

author:viajedecuba, category:2010年Cubaの旅, 20:05
comments(2), trackbacks(0), - -
2010年Cubaの旅   トリニダからハバナへ。  

 トリニダをビアスールバス(25cuc)で7時30分に出発し、ハバナの
ターミナルへは約6時間後の13時30分頃に到着。
いつもならここからセントロにあるセイラのカサまでタクシーを利用
するのですが、丁度セントロやベダード方面のツーリスト8人が集ま
ったので、ビアスールのミニバン利用(一人当たり3cuc)で交渉
成立。タクシーの客引きは2倍の10cucなんて値段をふっかけて
来ました.。Que malo!プンプン

それでも車中では、僅か30分くらいの間でしたが、同じツーリスト同志、
Cubaで外国人が共に直面するビックリ体験に話が弾んで、楽しい
ひと時になりました。



カピトリオの中は見学だけもできます(有料)
どこもすごい豪華な作り〜でびっくり!

セイラのカサに帰りホッとして一眠りした後は、カピトリオ中のネットカ
フェ(1時間5cuc)へ。日本語が読めるPCを係りの人にお願いしてメイ
ルをチェック。返信したいけど・・・黒いキーボードの白いアルファベット
文字が擦り切れて見えません(汗)。
あーーブラインドタッチを完全にマスターしておくべきだったわ。
と、今ごろ叫んでも遅い(笑)。 スペイン語のメイルもすぐに返信できないし
・・・で、手持ちのクロッキー用紙をビリビリ破ってそれに印刷してもらいました。

そしてネットを終えて次に向かったのはムセオ・ナシオナル・デ・イストリア・
ナツラル(自然歴史博物館)。
が、入り口に何かの「お知らせ」が貼ってあります。係りの人に聞いて
みると・・・・2時半からカエルについての大学教授の講演があるとか。カエルは
嫌いではないけど、話は明らかに理解できないだろうから(笑)
すぐに館内へ入って見学開始(3cuc)


まずは剥製コーナーへ。
動物の数や種類は少ないけれど、そのコーナーは真っ暗なうえに今まで
嗅いだことのない臭いがします・・・それに剥製なのでとてもリアル。


うーーーー怖い〜。

急いで2階の展示室に駆け上がり、ホッ。
そこには、いろんな種類の鉱物(宝石の原石)や化石、海の生物、キューバ固有の
動植物、昆虫などの標本が展示されていました。

この島は革命以来、欧米などの先進国からの大規模な開発が加わっていないので
あらゆる資源が荒らされずに眠っています。また音楽、アルテ、伝統文化、慣習、
建築物なども、ヨーロッパでは消えてしまったものが、ここにはまだたくさん残っているに
違いありません。けれど、おそらく彼ら自身、それらがどのくらい素晴らしく価値がある
のか、多くのクバノスは気がついていないように私には見えるのです。


私も江戸末期に来日したシーボルトのように、Cubaのそれぞれの街であらゆる物を
収集して残しておけたらいいのに・・・(遠い目)。 知れば知るほど、掘れば掘るほど底
が見えなくなって、もっともっと掘りたくなる不思議の国Cuba。
もしかしたら・・・これが、私がこの島に魅せられる理由のひとつなのかもしれません。

author:viajedecuba, category:2010年Cubaの旅, 16:39
comments(0), trackbacks(0), - -
2010年Cubaの旅 トリニダ 蒸気機関車でマナカイスナガへ。





 去年は蒸気機関車に乗車できず、イスナガタワーから煙を吐いて走る姿
撮影しただけ。

でも今年は行ってきました。機関車に乗って!




テレサのカサから列車の駅までは歩いて15分ほど。途中で消防所を発見!
消防車を見ていたら「写真を撮っていいよ〜」とブース中から隊員のクバノが
声を掛けてくれました。Gracias!






さらに進んで行くと・・・向こうの方に平屋の建物、その前には三角屋根の
「プラットホーム??」らしきものも見えます。駅舎中でマナカイスナガまでの
チケット(10cuc)を購入。
(ガイドブックには2cucとあったので・・・確かめるべく値段表を見ると確かに10cucと
書いてはあるけれど、あまりに差がありすぎ。また片道だけも買えませんでした。






ホームで列車が来るのを待っている間も、つぎつぎとツーリストがやって来ます。
みんな列車がホームに入ってくる瞬間をカメラに収めようと落ち着きなくうろうろ。
そしたら、来ました!煙はいて、ポーポー!って本当にポーって音なんです(笑)

走り出した客車の床をみると、ところどころ何か、キラキラ光るものが・・・。
何だろ??と床に顔を近づけて見ると・・・それは、線路。
床が擦り切れて穴があいていたのです。す、すごい!(笑)
それもそのはず、この列車は90年くらい前のもので、座席の横側のフォルムも
凝ってます。


トリニダを出発してからしばらく快調に走り続けていましたが、鉄橋まで来た所で
橋の真ん中で止まってしまいました。周りを見ると、錆びついた鉄橋に今にも粉
々に崩れてしまいそうな枕木。橋の下は、水のない川。それでもかなりの高さ
があるし、早くここから出てほしい。


何をしてるのかな??と窓から顔を出して機関車を見ると・・・水を掛けて冷や
してるみたい??それとも「蒸気」機関車だから水を飲ませてるん??
うーん。よくわからない。
暫く休憩してから、再び列車は走り始め、トリニダを出てから2時間ほどで
マナカイスナガ駅に到着しました。




















タワーは去年登ったので今年は下から眺めてスケッチすることに。
帰りの乗車時間、1時半までレストランでカフェを飲んでまったりしたり
奥に飾ってある絵を写真に撮って過ごしました。

ハバナのカジェで時々見かける、車から漏れた真っ黒い油。同じように
ここトリニダの鉄道脇の沿道でも、所どころに真っ黒なコールタールの
畑を見かけました。 うーん、彼らの健康には影響ないのかな?

トリニダからマナカイスナガへは、自然の中を走り抜ける蒸気機関車
で、風をじかに肌で感じながら、たくさんの美しい風景を楽しみました。

PS YOUTUBEっへの動画のアップは3時間以上(ビデオは10分以上の長さ)
かかると表示。編集フリーソフト(Free Studio)のどのコンバーターを使った
らいいのか解りません(トホホ) 
なので、写真だけでブログをアップしました。

author:viajedecuba, category:2010年Cubaの旅, 18:59
comments(0), trackbacks(0), - -
トリニダ ムシカとダンサ







トリニダのカサデラ・ムシカは野外のライブ。
ここは相手がOKなら誰とでも無料で踊れる場所。なのでクバノス(キューバ人)
と外国人ツーリストがパレハ(カップル)になって主にサルサ、ソン、チャチャチャ
などを踊る姿があちこちで見られます。私もここでクバノ達とサルサを踊るのが
楽しみのひとつ。けれども以前から比べると少し様変わりしてきていると感じることも。

3年前はクバノがたくさん集まって来て、入れ替わりでいろんな人と踊っていたのに
去年は、クバノの姿はすっかり減っていて、演奏しているのもかなり年配のバンダ
(バンド)。サルサを踊る人の数もあまり多くなくてちょっと寂しい感じ。

そして今年、ライブは他の街(ハバナ)からやって来たルンバのグルポ。踊っている
クバノはよーく見るとムシコ(ミュージシャン)みたい・・・。
一般のクバノはサルサを踊らない?踊れる人が減ってきているのかな〜?


帰り道に寄ったパルケ・セスペデスでは、壁に映し出されるレゲトンやロックの映像
に、たくさんの若い人達が丁度映画館で映画を楽しむように全員同じ方向を向いて
見入っていました。それにレゲトンを踊る姿もありません。うーーん、これも寂しい


一方、ペドロ(テレサのカサで働いているクバノ)が連れて行ってくれた
レストラン・ポリバレンテは毎土曜日だけは無料で入場できるライブ会場。
こちらはちょっと年配好みのライブ。そしてここでも踊っていたのは、私達のテーブル
のメンバーのみ(笑)。他の人達はずっと座ったまま。 
いったいどうなってるんやろか??



動画はこちら

ところで昼間のカジェでは、それぞれ地元のグルポがツーリストの足を止めようと
一生懸命奏しています。ある日の午後、パルケ・サンティシマ付近の空き
地?のような所で演奏しているグルポを発見!スケッチをするのに長い時間ずっと
立ったままだったので、彼らのムシカを聞きながら、まったり。休憩時間になると
横に来て話をしたりします。うーん、こういうムシカもいいな。
 

author:viajedecuba, category:2010年Cubaの旅, 11:41
comments(0), trackbacks(0), - -
2010年cubaの旅 トリニダのアルティスタ




ムセオ・ナショナル・デ・ラ・ルチャ・コントラ・バンディドス
革命博物館



パルケ・セスペデス



プラサ・サンティシマ



レストラン


 
エルミタ・デ・ヌエストラ・デ・ラ・カンデラリア・デ・ラ・ポパ
スペイン軍病院跡



エルミタ・デ・ヌエストラ・デ・ラ・カンデラリア・デ・ラ・ポパ
スペイン軍病院跡  もっと山奥に入った場所から見た夕日



トリニダは田舎の小さな街。それでもハバナ同様、世界遺産に登録されて
いて、ムセオ(博物館)や観光スポットの他にも、街中に小さなギャラリー
がたくさんあります。

いくつかのギャラリーを覗きながらバスターミナル近くまで来ると、ギャラリー
入り口で絵を描いているピントール(絵描きさん)を発見!
彼はミッチェル、もう一人のピントールアレキサンダーと一緒にアトリエ兼ギャラ
リーを借りて絵も販売しています。



抽象か具象かのどちらか一方だけの絵を描くアルティスタの多い中、彼はそ
の両方を描いています。とてもしっかりしたデッサンを描いているけれど
絵の学校には行ったことはないそう。
トリニダにいる間時々彼のギャラリーを訪れては、絵の話をしたり、時には簡単
な作業を手伝いながら、スペイン語を教えてもらいました。


キューバはあらゆる物資が不足しているので、利用できる物は何でも使います。
ミッチェル達も絵の道具としていろいろな物を代用しています。
たとえば・・・・・・・
油絵の具を薄める溶液(アルコール)の代わりには車のガソリン。
それを入れる容器は使い終わった絵の具のチューブの蓋。
パレットは道具箱ケース。
でも筆だけは、中国製のちゃんとした油絵の具用の筆を使っていました。






動画はこちら


author:viajedecuba, category:2010年Cubaの旅, 23:20
comments(2), trackbacks(0), - -
2010年Cubaの旅 トリニダ visaの更新

キューバに入国するには、観光目的の場合でもvisaが必要です。
去年まではメヒカーナ航空チェックインカウンター奥にあるブースで
(us$15)売っていたのですが、今年はキューバ行きの搭乗ゲート
前カウンターで買いました。


入国、出国の場合はもちろん、カサでもこれの提示を求められます。
ここトリニダでもヴィクトールにvisaを見せようとバッグの中を探した
時のことです。・・・・・ない!ない!


サンティ・スピリッツのアナにも電話して、私が居た部屋を探してもらい
ましたが、見つかりません。アナは私が両替に行った銀行2行にも
問い合わせに行ってくれたそう。ありがとう!


困ったことにvisaは後2日で30日の有効期限がきれるので、すぐに
延長手続きをしなければ、一旦海外に出なくてはいけなくなります。
うーー何とかしなくっちゃ!


テレサに事情を話すと、半分あきれ顔でイミグレーションの事務官
に連絡を取ってくれました。翌朝の9時半までに手続きをしない
と期限切れになるそう。テレサにも同行してもらい、8時半にイミグ
レーションのオフィスに到着。

必要書類  (パスポート、飛行機のEチケットのコピー、銀行で購入
したセージョ(切手25cuc)、カサの名刺)を見せた後は、すぐその場
で新しいvisaのシールをパスポートに貼ってくれました。ヤッタ!

それに飛行機がアメリカ経由でなく、エアーカナダのカナダ
経由便でよかった〜。


どうしてかって言うと・・・通常ツーリストのパスポートにはキューバ
出入国のスタンプは押印しません。もしアメリカ経由、あるいはアメ
リカの航空会社の飛行機を利用した場合、キューバに滞在したこ
とを示すシールやスタンプが見つかったら、空港で相当厳しいチェ
ックを受けるだろうからです。 


これで旅をつづけられるわ〜ホッ
ほんま、自分でも世話のかかるツーリストやと思います(笑)



イミグラシオンの手前を走る、★バスみたいな一両列車。
車輪で、タイヤじゃないもんね。

author:viajedecuba, category:2010年Cubaの旅, 23:40
comments(0), trackbacks(0), - -
2010年Cubaの旅  トリニダ 寒いカサ
サンティ・スピリッツからトリニダまではビアスールバスで約1時間半。
(6cuc)早朝6時半頃に到着したにもかかわらず、たくさんのカサへの
客引きが待ち構えていました。けれど予約しているテレサのカサから
のお迎えの姿が見えません。えーどうなってるん?

カサを知っていると言うビシタクシーに乗って、着いたのは
「名前’テレサ”は同じだけれど違うカサ」。ふ〜
再び住所を確認して無事到着。

が、今満室なので3件隣のヴィクトールのカサに2泊してほしいと言います。
予約しててもこの国では「普通の事」として扱われるんよね。

部屋代を聞くとテレサのカサより5cuc安いし、まあいいか〜と
思ったのですが・・・安いには安いだけの訳がある・・・・・・・

問題はベットの位置と窓。ちょうど頭が来る所に大きな窓があって、
そこから外の風が入ってきます。日本で「窓」といったら、ガラス窓を閉
めれば密封状態になり、外からの風が入ることはありませんよね。

キューバのカサの「窓」にはガラスのサッシはなく、窓幅に合わせた幅広
のブラインドの重なりを調節して光や風の量を部屋に取り入れます。なの
でどんなにきっちり重ねても風が入ってくるのです。おまけにここの窓に
かけてあるカーテンは薄いレース1枚。今年の2月は特に寒く、シャワー
も浴びず帽子を被って、セーターを2枚着て毛布を被ってベッドへ。でも
外で寝ている気分(笑)その夜、寒くて寒くて寒くて〜〜寝られません
でした。
そして翌朝にはもう一つ別の問題が発覚。うーーーんどうしよう〜。
author:viajedecuba, category:2010年Cubaの旅, 23:39
comments(0), trackbacks(0), - -