RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
2010年Cubaの旅   トリニダからハバナへ。  

 トリニダをビアスールバス(25cuc)で7時30分に出発し、ハバナの
ターミナルへは約6時間後の13時30分頃に到着。
いつもならここからセントロにあるセイラのカサまでタクシーを利用
するのですが、丁度セントロやベダード方面のツーリスト8人が集ま
ったので、ビアスールのミニバン利用(一人当たり3cuc)で交渉
成立。タクシーの客引きは2倍の10cucなんて値段をふっかけて
来ました.。Que malo!プンプン

それでも車中では、僅か30分くらいの間でしたが、同じツーリスト同志、
Cubaで外国人が共に直面するビックリ体験に話が弾んで、楽しい
ひと時になりました。



カピトリオの中は見学だけもできます(有料)
どこもすごい豪華な作り〜でびっくり!

セイラのカサに帰りホッとして一眠りした後は、カピトリオ中のネットカ
フェ(1時間5cuc)へ。日本語が読めるPCを係りの人にお願いしてメイ
ルをチェック。返信したいけど・・・黒いキーボードの白いアルファベット
文字が擦り切れて見えません(汗)。
あーーブラインドタッチを完全にマスターしておくべきだったわ。
と、今ごろ叫んでも遅い(笑)。 スペイン語のメイルもすぐに返信できないし
・・・で、手持ちのクロッキー用紙をビリビリ破ってそれに印刷してもらいました。

そしてネットを終えて次に向かったのはムセオ・ナシオナル・デ・イストリア・
ナツラル(自然歴史博物館)。
が、入り口に何かの「お知らせ」が貼ってあります。係りの人に聞いて
みると・・・・2時半からカエルについての大学教授の講演があるとか。カエルは
嫌いではないけど、話は明らかに理解できないだろうから(笑)
すぐに館内へ入って見学開始(3cuc)


まずは剥製コーナーへ。
動物の数や種類は少ないけれど、そのコーナーは真っ暗なうえに今まで
嗅いだことのない臭いがします・・・それに剥製なのでとてもリアル。


うーーーー怖い〜。

急いで2階の展示室に駆け上がり、ホッ。
そこには、いろんな種類の鉱物(宝石の原石)や化石、海の生物、キューバ固有の
動植物、昆虫などの標本が展示されていました。

この島は革命以来、欧米などの先進国からの大規模な開発が加わっていないので
あらゆる資源が荒らされずに眠っています。また音楽、アルテ、伝統文化、慣習、
建築物なども、ヨーロッパでは消えてしまったものが、ここにはまだたくさん残っているに
違いありません。けれど、おそらく彼ら自身、それらがどのくらい素晴らしく価値がある
のか、多くのクバノスは気がついていないように私には見えるのです。


私も江戸末期に来日したシーボルトのように、Cubaのそれぞれの街であらゆる物を
収集して残しておけたらいいのに・・・(遠い目)。 知れば知るほど、掘れば掘るほど底
が見えなくなって、もっともっと掘りたくなる不思議の国Cuba。
もしかしたら・・・これが、私がこの島に魅せられる理由のひとつなのかもしれません。

author:viajedecuba, category:2010年Cubaの旅, 16:39
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:39
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://viajedecuba.jugem.jp/trackback/29