RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
2010年夏Cubaの旅  プラジャ・ココトロピカル




 翌日、ビアスールのチケットをアストロのターミナルで買った後、Erとプラ
ジャ(海岸)へ行くことに。けれど空を見ると黒雲が向こうのほうからやって
来るのがはっきりと見えます。この様子だと波が高くなって泳げなくなるか
もしれないから、今日は行くの止めようか?と彼に言うと・・・・「大丈夫、大
丈夫」と軽く一言で片付けてしまいました。

そうなんよね・・・クバノにとって実際に今起きていないことは問題ナシ!
「ノーアイプロブレマ」(笑)


たとえ雨が降っても寒くはないし・・・ということで、プラサ・デ・ラ・レボルシオ
ン前から赤いハバナツアーバス(一日券5cucでどのルートも乗れるはず)
でプラジャ・デ・メガノに向かいました。途中の停留所でバスを乗り換えて暫く
すると、バスの乗務員からプラジャ内に入るのに必要だと別料金3cuc
を請求され、着いたのはプラジャ・ココ・トロピカル。


白い砂浜にはびっしり人がいて、それに何故かビーチチェアーが波うち際す
れすれにたくさん並んでいます。何で??

しばらくすると予想通り雨がポツリポツリ。やがてボツ!ボツ!ボツ!に変わ
り、風も強くなってきました。それでも海の中にいる人達は全く気にする様
子もなくむしろ波が高くなるのが嬉しそう。・・・・・・何でやろ?
と様子を見ていると・・・・・
高い波が来ると跳ね飛んで波を飛び越え・・・それを繰り返して楽しんで
います。・・・なるほど・・・・それで何故チェアーが海岸間際にあるのかが
わかりました。海に入り遊びながら海岸の方を向いてチェアーに残した荷
物を見張っているんですよね(笑)
もちろん私達も他のクバノ達に混じって、「素波乗り?」をたくさん
楽しみました。

帰りはホテルトロピココ前のバス停でハバナツアーバスを待っていると、他
社のツアーバスが「次のバスはまだまだ来ないから」と言って、バス停で待
っている人達全部を乗せてセントロまでそのまま直通で連れて帰ってくれ
ました!  Gracias!    
Erは再びバスに乗ってミラマルの家まで戻り、私はカサで死んだように眠
ったのは言うまでもありません。疲れた〜楽しかったけど。

author:viajedecuba, category:2010年夏Cubaの旅, 00:34
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:34
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://viajedecuba.jugem.jp/trackback/38