RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
2010年夏Cubaの旅  プラジャ・アンコン

 プラジャ・アンコン(アンコン海岸)へ、ニーナ(ドイツ人)と一緒に行ったのは2年前
の2月。その日は特に風が強く寒かったので海の中には、私は入りませんでした。
ニーナは泳いでいましたが。



けれど今回は7月の夏。レンタカーを一日借り(60cuc とガソリン代)Miのボラ
ンティアガイド兼運転でサンティ・スピリッツからプラジャ・ボカを抜けてアンコンへ
向かいました。海岸に到着後、砂浜に並んだビーチチェアーに腰掛けるとすぐに
やって来たのは、スノーケリングの勧誘。ゴムボートで沖に出てのスノーケリング
(1時間2人で10cuc ゴーグルとスノーケルに足ひれ付き)

スノーケリングは3年前のサイパン以来。久しぶりにもぐりたい!そこでMiも誘って
ボートに乗る事にしました。平らなゴムボートにはガイドのクバノ、それにツーリストの
オランダとスペイン人男性もいてこのボート上での共通語はスペイン語。
分からない時はオランダ人の彼に質問すると英語に翻訳してくれます。それに私の
スペイン語レベルに合わせてみなゆっくり話してくれるのも嬉しい。
今さらだけれど、やっぱり言葉が分かると楽しくて、話も弾みます。



帆を張ったボートが沖に進んでしばらくすると珊瑚で白く波立つている場所が見えてき
ました。そしてその手前でボートを止め、海に飛び込みスノーケル開始!
が、いつまでたってもMiの姿が見えません。

どうしたんかな??と、もう一度ボートまで戻って見ると・・・
な、なんと、彼はスノーケルも付けず、ボートのサイドにあるポールにしがみついたまま膝
を曲げてぶら下がっていました(笑)
せっかくの海なのに・・・意味ないやん!(笑)



なので彼の手をポールから解いてボートから離そうとすると、さらにポールにしがみ付きます。
そんな攻防を傍でみているガイドのクバノも爆笑。



ここは透明度はあまり高くないけれど、珊瑚がたくさんあってその周りにはカラフルな魚が
たくさん泳いでいます。こんなにきれいな魚が見れるのに・・・・Miは結局最後までボート
から離れる事はありませんでした。



再びビーチチェアーに座りMiに「何故泳がなかったの?と聞くと・・・・「スノーケリングは
初めてだった」そうです。 
そう言えば・・・クバノが国のどこの海岸に入ってもよくなったのは去年くらいからでした。





帰り道に寄ったトップ・デ・コジャンテ(770m)からの眺め。
深い緑が広がる山間にトリニダの町が小さく見えます。





author:viajedecuba, category:2010年夏Cubaの旅, 10:12
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:12
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://viajedecuba.jugem.jp/trackback/41