RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
2011年Cubaの旅  日本からハバナまで

1月24日の朝、家の最寄駅から8時10分の電車に乗り阿部野橋へ。
リムジンバスに乗り換えて伊丹空港へ向かいました。。1時間の飛行の後、
羽田空港へ到着。再びリムジンバスで成田空港へ。ここまでで、
すでに5時間が経過。うーん、ちょっと腰痛が気になります。

ところで、成田空港は羽田空港国際線の影響?か出発ロビー
が、がらがらに空いていてビックリ!ANAのお姉さんの応対も昨年
と違い、とっても親切で、顔もにこやかです。余裕って大事ですね。

同日24日の15時10分、トロント空港に到着。入国審査を済ませ、
ケースを受け取り、無事出口へ。どうやら夏に来た時と様子は
変わってないようです。そしてインフォメイションでボランティアの
おばあちゃんにお願いしてホテル(ベスト・ウエスタン・トロント・エア
ポートホテル)に電話してもらいました。ホテルのシャトルバスに迎
えにきてくれるように頼む為です。





指示通り地下のフロア端SS5(停留所)でバスを待っていたのです
が、1月末のトロントは零下にまで下がる寒さ。外で待てるのは5分
くらいが限度です。でもカナダやヨーロッパの人達は平気みたい。
不思議やな。
私はガラス戸の中からバスの到着を待つことにしました。20分ほど
してバスが到着。ドライバーはアラブ系かラテン系の濃い顔立ちの
男性で、ちょっと怖そう・・・。

今回はトロントまで、何事もなく無事に到着できました。。
この調子だとホテルまで平穏に行けそうです(笑)
そんな安堵の思いが一気にでたのか「ハァ〜」と自然にたため息がで
ました。


すると「どうした?疲れたの?」と言ってドライバーが振り向きます。
「あ、ノーノー、寒いくてお腹が空いただけです」と答えると
ビニール袋いっぱいに入った「豆」とカップに入れた「紅茶」も薦めて
くれました。Thank you so mouch !
すっません、怖くないです。やさしい人でした。

翌朝25日、ホテルのシャトルバスで8時30分ころトロント空港へ到着。
ACチェックインカウンターで荷物をコンベアーに乗せると・・・・・・
あーやっぱり!制限の23キロを1.8kg超えています。
脇に寄ってケースから幾つかの荷物を取りだしもう一度測ると
ぴったし23kg!! 私ってすごい!(笑)


空港のファーストフード店 ティムハットン トーストと紅茶 7.10ドル

搭乗口までの手荷物検査では透明のおおきな円柱形カプセルが設置
されています。これ、テロ対策に導入された身体スキャン装置でした。
円柱形のガラスに沿って回る機械を見ていると、ひょっとして宇宙に転
送されるのでは?なんて感じがしてちょっと怖い。

そんなこんなチェックを通過して11時10分トロントを発ち、やーっと
ハバナのホセマルティン空港に着いたのは15時15分。
入国審査では海外旅行保険の保険証券を見せると「英語表記」だと
指摘されました。なので「以前もこれでOKでした!」と返答したら、
すぐに、ビーっと鳴る音と共にドアを押してキューバに入国できました!

author:viajedecuba, category:2011年Cubaの旅, 20:40
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:40
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://viajedecuba.jugem.jp/trackback/52