RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
2011年Cubaの旅 カマグエイ 広場のアルティスタ


 サンファン・デ・ディオスでのコンサートは政府関係者とラテンアメリ
カからの招待者(政府関係者)のながい挨拶が歌とダンスの間に
入ります。これ、かなりテンションが下がります。
そして最後は花火が観客の真上に打ち上げられるのですが、花火
の燃えカスやススがたくさん落ちて来て・・・(コワ!)
花火が上がったとたんに何故クバノ達が急いで席から離れるのか
ワケがわかりました(笑)

一方トラバハドール広場前のコンサートで、エレキギターを弾いて
演奏しているのはポップな曲ばかり。私が聞きたかったクバトンや
レゲトンのライブは残念ながらありません。なのでそのままカサへ
戻りました。

こんな風にラ・セマナ・デ・クルツラの期間、コンサートの多くは夕方
から始まります。なので昼間はスケッチをしたり、プラサ・デ・ロス・
トラバハドーレス(広場)でアルティスタの作品を見学して楽しみまし
た。広場ではアルティスタがパフォーマンスしながら、作品を制作
展示、販売もしています。トリニダでは去年こういうのを見たけど、
カマグエイでは初めてです。面白そう〜。

各ブースのアルティスタはみな職人技のみごとな手さばきで、作
品を作っています。ブースの端で絵を描いているのはラモン。細か
く切った布をアクリル絵の具で重ね貼りし、平面に描かれた絵に
厚みを出しています。






ラモンの作品。 アクリル絵の具が乾くとこんな風につるして展示。

他には粘土で器や人形、動物を作ったり、あるいは木を削って小さな
動物や魚を作っている人もいます。
それはまるで粘土遊びをしているみたいな雰囲気、。彼らは製作仲間や
それを見ている人ともワイワイ会話しながら、楽しそう〜に作っています。







 
クバノの想像力は本当にすばらしいです。
いつも関心させられます。



牛の顔が男前でかっこいい!!



円空がこれを見たら真っ青になるような一刀彫です




電動カッターを使って、たつのおとしごを製作中。
細かい作業ですね。



こちらは皮を使って、亀や竜のおとしごなどを製作中。


すごいバスを発見!動くのかな?と思って見ていたら
たくさんの人を乗せて走り去りました。




英語とスペイン語の両方書いてあります
Peace   Somos de la revolucion cuban

 

author:viajedecuba, category:2011年Cubaの旅, 23:25
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:25
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://viajedecuba.jugem.jp/trackback/61