RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
2011年Cubaの旅 サンティ・スピリッツ  小さな小さな絵

 ここサンティ・スピリッツでの宿は去年の夏に滞在したアナのカサ。
アナの旦那さんシルビオと、息子のエルネストが、アナの前夫の運転
(タクシーとして5CUC)でターミナルまで迎えに来てくれました。





サトウキビ畑で荷車を引く2頭の牛と農夫

翌日の朝食後、洗濯をしてさっそくパルケ・セントラルへ。
パルケ(公園)の向こう側にあるカサ・デ・ラ・クルツラの前にはお土産
物屋さんが数件見えます。店といっても、テーブルを広げた上に商
品を並べた屋台のような出店。その中で、ちいさいちいさい絵(虫眼鏡
で見るとその精密さが分かる)を描いているピントール(画家)ネルソン
の店前まで来ると、以前と変わらず、テーブルには油絵の具の道
具と一緒に小さな絵がたくさん並んでいました。

ネルソンの描く絵はどれもとても写実的。ところが一つだけ今まで
に見たことのない感じの絵があります。何だろ??と不思議に思って
じっと見ていると・・・彼が日本語で何と言うのか?と尋ねてきました。
波のような大きなうねりが描かれています。、さらに彼の説明を聞い
てみると・・・・・・・「Tsunami」だと分かりました。
この時私がイメージしたのはスマトラ沖地震。今回、旅の途中でまさ
か現実に、しかも日本の地震による「津波」が起きるとはこの時は夢
にも思っていませんでした。
author:viajedecuba, category:2011年Cubaの旅, 22:45
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:45
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://viajedecuba.jugem.jp/trackback/67